バイクの冬眠準備・・・保険はどうする?解約か継続か!?

バイク

11月14日。
気温も下がり、天気にも恵まれない日が多くなってきた。
バイクに乗るのは晴れた日だけと決めているが、このまま機会をうかがっていてもバイクに乗れるチャンスはどんどん減っていくだろう。
思い切ってバイクを冬眠させることにした。

自分はバイク整備の工具やケミカルをほとんど所有していないので、新たにお金をかけることなく、できる範囲でバイクを良好に保管する工夫をしてみた。

ガソリンは満タンに

ガソリンタンク内の錆の発生を抑えるために、ガソリンを満タンにした。
今年最後のツーリングと思い、無駄に遠回りしてガソリンスタンドへと向かったが、60㎞ほどスピードを出すと身体に当たる風が冷たく感じて気持ちも萎えたので、5キロほど走って給油する。
気温が一ケタ台になっても防寒してバイクに乗る人もいるようだが、自分は無理のようだ。
バイクの楽しさより寒さ我慢の方が大きくなってしまう。これからの季節は割り切って車移動だ。

給油を思い立った時点でガソリンもそれほど減ってはいなかったが、目的はガソリンタンク内をガソリンで満たすことだから、給油口なみなみに注いで自宅へ直帰する。

感謝を込めて洗車

ぱっと見奇麗な状態ではあったが、長期保管に備えて洗車もすることにする。
使っているバイク用シャンプーには防錆剤も入っているので、どれほど効果があるかはわからないが洗っておいたほうがいいだろう。
ちなみに、キレイに洗車してガレージ保管をしていてもホコリはかかる。
ヨド物置のバイクガレージに保管しているが、完全に密閉されているわけではないので風の強い日はガレージ内でもホコリは舞うだろう。ガレージ内は物置としても使っているのでちょっとしたゴミや砂が舞うのは仕方ない。
ガレージ用のカバーもあるようだが、ホコリかぶったら春にまた洗えばいいじゃないくらいに思うようにする。一応古毛布をフワリとかけてみたが。

チェーン清掃は少し前にやったので、ウェスで軽く拭いてから注油だけした。

一応、フロントフォークのインナーチューブの錆防止に、シリコンスプレーを吹いてからフキフキしてみた。

洗車そのものよりも、水のふき取りと細かい箇所の水滴が乾くのを待つのが面倒だった。
使っていないエアクリーナーでシュッシュしてみたがキリがないし。

バッテリーを外す

春になってバッテリーが上がらないように外すことにする。
ネットで調べた通り、マイナス側から外す。
冬場はマイナスまで気温が下がるので、バッテリー自体を取り外して家の中に入れることにした。
端子を外すために数か所ネジを外したので、バッテリーの取り外しも大した手間ではない。

トリクル充電器なるものもあるようだが、使用している人から話を聞くに「バッテリーが逝く時は何をしてても突然逝く」とのことなので、そんときゃそんとき、と思い室内保管だけにする。

ホコリがかからないようにビニール袋に入れて、物置スペースへ保管。
発火だけはしないでくれ・・・と願う。

オイル交換は冬眠前?冬眠後?

冬仕舞いの際、オイル交換もしたほうがいいと聞く。
オイル交換は冬眠前派と冬眠後派がいるようだが、自分は8月に新車で納車してから700キロほどしか走っておらず、春になってからすることにした。

冬の時期もオイルは劣化するらしいので、冬眠が明けたら交換するのがいいんじゃないかしら。

保険を解約する

冬場は乗らないので、お高い任意保険をどうにかしないといけない。

バイク屋さんからは
「冬場は保険の補償内容を最低まで下げておけば等級もキープ出来てお得ですよ」
と教わったので、保険会社に聞いてみると、自分の場合は少し複雑なようだ。

自分がバイクの自賠責保険ほ契約したのは8月の半ば。
自分の頭の中では、11月に保証を下げて保険料を安くし、翌年4月頃に保証を元に戻せばいいと考えていたのだが、保険会社の電話窓口のお姉さんの説明を聞くと、保証を下げた払戻金<保証を元に戻す追加金となる・・・
つまり、何もしない方が安く済むってこと?
安く済むというか、決して安くない保険料をバイクに乗らない期間分もまるまる1年分払っていなきゃいけないってこと?
なんだかとても損した気分で(そんな事ならあなたの保険解約して、等級リセットされるの覚悟で他社に乗り換えるぞ・・・なんて考えも頭に浮かびながら)話を聞いていると、オペレーターの側から保険の解約を進めてきた。
自分の場合、8月という中途半端な保険開始時期だったので、いったん解約してから春に改めて新規で契約してもらった方がお得とのこと。
そうすれば冬季に補償内容を下げる作戦も活きてくるらしい。

自社の損になるだろうに、解約の提案をしてくれたオペレーターのお姉さんには感謝。
春からも自社で契約してくれると自信があるのだろうか。
まあ、その際には改めて他社と比較検討したうえで決めさせてもらうけども。

いったん解約して、春から同じ保険会社で契約する場合はネット経由の契約はできないとのことで、電話申し込みが必要だと言われたので備忘録的に書いておくことにする。

あまり神経質にならないのも大事

大切なバイクをいい状態で保管したいとあれこれ調べたが、無理なくできる範囲で冬支度をしてみた。

自分の場合、ガレージ内保管ができるので、屋外保管やカバーのみの保管よりも状態は良好に保てるはずだ。
バッテリーの劣化や細かいところの錆なんかはあまり細かく気にしてもストレスになるので気にしないことにした。

ちょこちょこ様子は見るつもりだが、このまま春まで寝かせておくことにする。
ちょっと寂しい。

タイトルとURLをコピーしました