枕難民はこれ試した?私が出会った最適枕

レビュー

かれこれ10個以上は枕を買い替えています、枕難民です。

自分に合った枕が見つからなくてお悩みの方は多いのではないでしょうか?

私の枕遍歴と、最近たどり着いたお気に入り枕をご紹介します。

高価な枕、あなたに合ってる?

最近は

こういった肩までサポートする枕や、立体形状で首を支える枕が流行っていますが、どれも私には合いませんでした。

というのも、私は肩幅があり、なで肩で、横向きに寝ることが多いので、寝返りを打った際に枕の形状がフィットしなくなるのです。

人間は一晩に25回も寝返りを打つと言われているので、店頭で試しに寝てみても、実際に使ってみると合わなかったという事が多々あります。

オーダーメードの枕もそういった理由から手が出せないでいます。

枕は高価なほど良いというわけではなく、自分の就寝スタイルに合ったものを選ばないといけません。

低反発は合わなかった

出始めのころは高価で手を出すのに勇気が必要だった低反発枕も、最近では安く手に入るようになりました。

もちろん私も使ってみましたが、朝起きた時に首が疲れて肩こりをするようになったので、今では使っていません。

低反発の「沈み込む」特徴が良くなかったのだと思います。

頭が沈んでいくと、ちょうどよく止まって収まる位置が無いので、常に首の筋肉が緊張している状態になります。

同じ理由で、羽毛などの柔らかい枕は首が疲れるので私には合いませんでした。(わがままな首です・・・)

これ、試した!?そば殻枕

私が定期的にたどり着くのがそば殻枕です。

私の就寝スタイルに合った高さと硬さがあり、朝起きた時の首の疲れや痛みも出ない、私に合った枕です。

そば殻枕というと、「ガサガサ音がするから気になって眠れない」という意見もありますが、そう言う人に実際に使ったことがあるかと聞くと、使った経験は無かったりします。

寝てみればあまり気にならないものですが、ガサガサうるさいというイメージが根強いのかもしれません。

私はそば殻枕の音が気になることはありませんし、隣で寝ている家族も特に気にならないそうです。

値段も1000円ほどで手軽なので(以前は500円ほどだった気がする)、枕選びに苦労している人はまず試してみて欲しいのですが、私がそば殻枕を『ベスト枕』と言い切れないのには理由があります。

それは自然素材の宿命「虫が湧く」という事です。

そば殻にはチャタテムシという虫が湧き、それを食べるツメダニというやつが私たち人間にも悪さをします。

ダニに刺された部位はポツリと赤くなるのですが、これが蚊に刺された時の5倍はかゆいのです。

ポリポリと爪で掻いてしまおうものなら、透明な汁が出るまでガリガリと際限なく掻いてしまいます。(これが快感…)

病院で処方される強めの薬を塗ってようやくしのげるほどの強烈なかゆみ…

私は初めその皮膚の異常が何かわからず、そば殻枕を使い続けていたのですが、首、腕、指、ひどい時にはモモの内側や足の指も刺されていたので、被害範囲の拡大に我慢ができずネットで調べると、ダニ刺されが原因だと判明して速攻でそば殻枕を捨てました。

枕を捨ててからも布団に残ったダニの被害が治まらず、布団乾燥機でダニ退治をしたり、炎天下の車内に布団を入れてダニを蒸し焼きにしたり、市販の薬剤で予防をしたりと、大変な目に遭いました。

ただ、そば殻枕の寝心地の良さは捨てがたく、その後何度もそば殻枕を買っては上記の騒動を繰り返していました。

刺されるのは暖かくなってからが多く、5~6月にかゆくなってきて出て慌てて捨てるというパターンです。

もちろん、布団乾燥機で枕を乾燥させたり、陰干ししてみたり、旅行先で衝動買いしたヒノキ油をつけてダニ予防してみたりと試行錯誤しては見ましたが、同じことでした。

最近になって、綿製のホテル枕なるものを購入して、やはり頭が沈む感覚が合わずにまたそば殻枕に手を出してしまいました。

「数か月で捨てるなら大丈夫だろう」と覚悟して買ったのですが、なんと2週間もたたずに私の首に赤いポッチが・・・(怒)

もうだめだ、私にはそば殻枕は合わない、と諦めて、これまで買った枕をローテーションさせて使っていましたが、ネットで偶然見つけた枕で私の枕探しの旅は終わりを迎えました。

ようやく出会った理想の枕

私が見つけたのが、なんてことないパイプ枕です。

プラスチックストローを切ったようなパイプが入っている、病院や安旅館などにありそうな枕。

実際に購入した枕がこちらです。

そば殻枕に似た固さと高さで、虫がわかないという私にとって完全無欠の枕。

以前もパイプ枕を買ってはいたのですが、真ん中に頭のくぼみがあるタイプで寝心地が全然違ったのでお蔵入りになっており、それ以来私の選択肢からパイプ枕が消えていたのでした。

しかし考えてみれば、好みの形の枕カバーの中にパイプを入れればいいだけなのにその発想が無かったのです。

今回購入したパイプ枕は大きなネットの中にパイプがぎゅうぎゅうに詰まっており、寝心地はやや硬めでそば殻枕にとても似ています。

このパイプ枕を使い始めてから1週間ほど経ちますが、首の疲れや疲労感もなく、とても満足いく品です。

なにより、虫が涌く心配が無いのが最高ですね。

これまで様々な枕を買った結果、この安いパイプ枕にたどり着くとは盲点でした。

やはり流行りの枕や独自形状の枕に目を引かれてしまうんですよね・・・

もっと早く気づけばよかったと後悔です。

しばらくはこのパイプ枕にお世話になる予定ですが、実はもう一つ気になっている枕があります。

ヒノキのチップがぎっしり詰まっていて、見た感じでは今使っている枕より少し硬めの使い心地かもしれません。

ヒノキの香りと防虫効果も期待できるので、そのうち手を出してしまうかもしれません。

私と同じ枕難民の方は、高価な枕やオーダーメードの枕に手を出す前に、まずはこの安価なパイプ枕から試してみてはいかがでしょうか?

案外近くに正解が転がっているかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました