レミージフーディとキャプリーン クール デイリーを購入

レビュー

夏に向けて、UVカット×長袖×涼しい生地という条件で2つの服を買いました。

アークテリクスのレミージフーディと、パタゴニアのロングスリーブ キャプリーン クール デイリー シャツです。

パタゴニアの方はグラフィックの入ったモデルですね。

本当はフードがついたキャプリーン クール デイリー フーディが欲しかったのです。

フードがついているので、首周りの日焼け防止もでき、帽子が要らない分身軽になれます。

グラフィックモデルより安くてお得感もあります。

が、どうしても在庫が見つからずにフード無しのロンTを選びました。

結果的に満足していて、早くもリピート買いしたくなるほどお気に入り。

レミージフーディは公式サイトで在庫が無く諦めていたのですが、たまたま立ち寄った取扱店にて発見したので思い切って買ってしまいました。

既にキャプリーン クール デイリーを購入した後でしたが、見つけた時に買っておけ!と勢いに任せてレジに向かいました。

レミージフーディキャプリーン クール デイリー、それぞれに特徴があり素晴らしい製品なので、比較しながらご紹介します。

ずっと着ていたい快適性

夏の外遊び用に購入したロングスリーブ キャプリーン クール デイリー シャツですが、用途を限定せずにずっと着ていたいくらい気持ちがいいです。

サラリ+ひんやりとした触感で、触れている肌がとても気持ちいい生地。

これまで綿のTシャツがメインだった自分にとって、感動モノの着心地です。

通気性が良く、日の当たる屋外では半袖でいるより涼しさを感じます。

室内で着ていても快適で、部屋着としても最高かもしれません。部屋着としては高価ですが。

キャプリーンクールデイリーの生地

対してレミージフーディですが、こちらの生地はキャプリーン クール デイリーよりも少ししっかりした印象です。

レミージフーディの生地

縫製もレミージフーディの方が頑丈な感じです。サムループの取り付け部分もしっかり補強されています。

 レミージフーディ サムループの補強

フードの立ち上げ部やツバの部分も崩れないような工夫がされていて、一枚で着る際もきれいなシルエットがキレイです。

レミージフーディ ネック部分
レミージフーディ フードのツバ

どちらも蒸れにくい素材ですが、キャプリーン クール デイリーの方が涼しさを感じる肌触りですね。通気性も若干キャプリーンの方が良い気がします。

気温が高い日や湿度が高い日はキャプリーン クール デイリーの方がいいかもしれません。デイリーと名の付くくらいなので、日常使いにはとてもいいです。

夏の登山など気温の変化がある場面ではレミージフーディがよさそうです。猛暑日に屋内の冷房で体が冷えるときなどもレミージフーディが体温をある程度保ってくれます。

汗の乾きやすさは同じくらいでしょうか。すぐ乾いてくれます。

どちらも薄い生地ではありますが、一枚で着てTKBが透けるようなことはありません。

サイズ選びは難しいかも

  • 175センチ
  • 62キロ
  • やせ型
  • 肩幅広い
  • 腕長い

そんな私はユニクロのトップスはいつもLサイズを選びます。Mサイズでも着られるのですが、少し窮屈さを感じて肩がこ+袖が短いので、胴回りよりも肩幅を基準にしてLサイズを選択。

パタゴニアの公式サイトには、おすすめのサイズを教えてくれる便利な仕組みがあり、私がパタゴニアにおすすめされたのはSサイズ。

近くに店舗がないので試着できませんでしたが、他に持っているパタゴニアのウェアはすべてSサイズなので、悩んだ結果、パタゴニア公式に従ってSサイズを購入しました。

結果、ジャストサイズという感じではあったのですが、Mの方がゆったりリラックスして着られるかも、、、と一瞬後悔しました。

前に手を伸ばすと手首が出てしまい、若干脇にツッパリ感があります。

バンザイするとオヘソがチラリする丈も、もう少し長い方がよかったです。しゃがむと腰が出るし。

UVカット効果を期待して購入したので、Mサイズの方が肌が露出せずによかったかもしれません。

ただ、Sサイズを買ったことにそれほど後悔はしておらず、伸縮性もあるのでストレスもないですし、シルエットも自然な感じで気に入っており、次に買うならMサイズだな、と気持ちはリピートする方向になっています。

キャプリーン クール デイリーをネットで買う場合、上記の私の体形に近い方は、パタゴニア公式のオススメサイズよりも一つ上でも後悔しないと思いますよ。

レミージフーディは実店舗で試着できたのでベストサイズを買うことができました。

Sサイズです。

ちなみに私が持っているアークテリクスの他ウェアはすべてSサイズです。

Mサイズも試着してみましたが、悪くはないがレミージフーディはあまりダボっと着るのは合わないなと思いジャストサイズを選びました。

Sサイズではあるものの、レミージフーディは脇にガセットがあり立体的になっているので、窮屈さを感じません。

フードをかぶっても頭が突っ張らず、髪型もつぶれないので使いやすいです。考えられて作られていますね。

レミージフーディキャプリーン クール デイリー、ともにSサイズを購入しましたが、フィット感には結構差があります。

レミージフーディとキャプリーンクールデイリーを重ねてみた

UVカットを重視するなら袖が長く手の甲まで隠せるレミージフーディがいいでしょう。

アークテリクスとパタゴニアの公式サイトのサイズ表記をみた感じだと、アークテリクスのSサイズ≒パタゴニアのMサイズくらいに思ってもいいかもしれませんね。

両者を比較

レミージフーディキャプリーンクールデイリー
通気性
肌触り
デザイン
生地の質感
UVカット
保護面積
コーデ
耐久性
汎用性
消臭性
価格

通気性・肌触り

通気性は両者とも良好だと思うのですが、より涼しげな肌触りなのはキャプリーン クール デイリーです。

デザイン・生地の質感

デザイン、シルエット、生地の質感はレミージフーディの方が上です。

もちろん、キャプリーン クール デイリーもグラフィックモデルがあったり遊び心のあるデザインが多く、選ぶ楽しみがありますが、レミージフーディの上質感と存在感は唯一無二でしょう。

UVカット・保護面積

紫外線保護はどちらも最高レベルのUPF 50+と表記されているので互角・・・ではあるのですが、袖や裾などが長く、より肌を広くカバーしてくれるレミージフーディの方が安心ですね。

※最後に追記あり

コーデ

どちらも一枚で様になる使い勝手のいいデザインではありますが、レミージフーディの上質な質感はアウトドア感をちょどよく抑えられているので、コーディネートの幅は広そうです。

スラックスに合わせたり、ジャケットのインナーとして着てもマッチしますね。

フードも薄く柔らかいので、重ね着しても邪魔になりません。

キャプリーン クール デイリーもカジュアルなロンTとして合わせやすいのですが、レミージフーディは野外遊びの帰りにちょっとおしゃれなお店にそのまま入れるようなフォーマルさも持っています。

耐久性

本格的に検証するほど過酷な環境で使用はしていませんが、登山、釣り、キャンプなどのアウトドアで使用し、普通に洗濯機で洗濯しても型崩れなどは起きていません。(両者ともに10回程度使用)

毛玉もありませんが、生地が違うので使用環境によって差は出てくるかもしれませんね。

日常の普段使いとしては十分な耐久性は持っていると思います。

汎用性

どちらもシーズン問わず、幅広い場面で活躍します。

紫外線の気になる春以降から使い始め、真夏も涼しく汗の乾きも早いですし、秋にはハードシェルのインナーとして便利です。

使用場面も、公園で子供と遊ぶ際などの気軽な使い方はもちろん、登山やキャンプ、釣りなどのレジャーやランニングなどの屋外スポーツにも使用しています。

着心地が良いので普段着としてもおすすめです。

とても汎用性が高く出番が多いウェアです。

消臭性

キャプリーン クール デイリーには消臭効果があり、キャンプや登山で連泊する際には効果を発揮しそうですね。

野外フェスにはもってこいかもしれませんね!

一日汗をかいた綿のTシャツに比べると確かに臭いは無いと思いますが、レミージフーディとの差はあまり感じないかな・・・

たぶん両者とも汗を素早く乾かしてくれるので臭いがこもりにくいのでしょう。

数日間お風呂に入れないような環境であればキャプリーン クール デイリーを選びたいと思います。

価格

はっきりと差が表れたのは価格です。

キャプリーン クール デイリー ¥ 6,160

レミージフーディ ¥10,450

主観ではありますが、機能性では負けず劣らずハイレベルな2製品ですが、価格だけ4000円以上の差があります。

これをどうとらえるか、ですね。

私は両方買って両方満足していますが、アークテリクスにそれほど価値を感じないのであればキャプリーン クール デイリーで充分な気もします。

差額分でキャプリーンをもう一つ購入するのもいい選択かも。

まとめ

UVカット×長袖×涼しい生地というハイテク化繊は、一つは持っておいて損はないアイテムです。

屋外で日を浴びる場面であれば確実に半袖よりも涼しいですし、紫外線を浴びるのは思いのほか体力を奪われます。

週末にキャンプを楽しんで、月曜日以降なかなか疲れが抜けない・・・なんて経験はよくありますが、紫外線防止と体温調節の助けがあるだけで全然違いますよ。

正直、レミージフーディキャプリーン クール デイリー、用途がかぶる服を買ってしまったかもと思いましたが、それぞれに違った特徴があり、使い分けできるアイテムです。

着心地で選ぶならキャプリーン クール デイリー、見た目で選ぶならレミージフーディでしょうか。

今度はキャプリーン クール デイリーのフード付きのも見つけたら買うつもりです。

追記

キャプリーン クール デイリーを含むパタゴニアの一部製品が、表記されているUPF 50+を満たさないという事で自主回収されているようです。

一時、パタゴニアの公式サイトから急に在庫が無くなったのはそのせいだったのですね。

実際はUPF17〜45の範囲(平均値34)らしいですが、UPF 17の場合でも紫外線を92%は遮断してくれるらしいのでそれほど性能に問題はない気がします。

表記された性能に届かないのはパタゴニアの信用問題に関わるという事なのでしょうね。

私の買ったキャプリーン クール デイリーはグラフィックも含めて気に入っているので、今のところ返品する気はないのですが、もし返品・返金されたとしても、パタゴニアは問題を解決できるまで影響の出た製品の販売を中止すると言っているので、同様の製品がしばらく手に入らないことになりますね。

タイトルとURLをコピーしました